付き合うべき人を見分ける能力の高め方~メンタリストDaiGoの動画から学ぶ極意~

TVでおなじみの『メンタリストDaiGo』について

DaiGo(ダイゴ、1986年11月22日 – )は、日本のマジシャン、パフォーマー、作家。静岡県出身。

高輪高等学校、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程中退。ジェネシスヘルスケア株式会社顧問。新潟リハビリテーション大学特任教授。東京大学謎解き制作集団「AnotherVision」の元代表・松丸亮吾は実弟。

身長173cm。血液型はB型。

(出典: Wikipedia

『メンタリストDaiGo』の公式ブログ

付き合う人を見分ける能力に関する『メンタリストDaiGo』の動画と重要ポイント

付き合うとヤバイ人の見抜き方
  • 荒らしの正体。他人が困るのがうれしい人。
  • 荒らしの目的は問題解決ではない。
  • 荒らしは全体の5.6%で、マジョリティの意見ではないが、発言しているので、マジョリティのように見える。
  • ネットの炎上は0.47%の人たちが起こしている。
  • 特徴
    • 自己中(自分が一番物事を知っている)
    • 他人への共感能力がない
    • 他人を苦しめる(サディズム)
  • 荒らしに関わるとメンタルを病むので、距離を取ることが大切。
  • 荒らしは相手にすると喜ぶ。
  • 荒らしには、サイコパスとサディストが多い。

実際は中身のないやつの見抜き方
  • 自信過剰な人は長期的には人間関係が崩壊しやすい。
  • 言いたいことを言うけれど、他人をサポートできる人。
  • 言いたいことを言える友達がいるかどうか。
  • 新しい友達を作れるかどうか。

縁を切るべき人、信頼できる人の見分けかた
  • 周りに置くのをやめた方がいい人は、身体的な特徴をからかってくる人たちである。
  • ネガティブなことばかりを言ってくる人たちとは関わらない。
  • 気にしていることなどを言ってくれるんだけど、ディスらない人たちと付き合うのが大切。事実をしっかりと気づかしてくれる人。
  • 罪悪感を感じやすい人たちとは付き合った方がいい。罪悪感を感じない人たちとは関わらないようにする。
  • 人間関係を切ることと、良い人間関係を新しく作ることは大切。

気づかないと人間関係で損する思い込み(バイアス)を解説してみた
  • バイアスは偏り、思い込みのこと。
  • 行き過ぎると、チャンスを逃すことがあるので、これを意識することが大切。
  • 人をキライになることはめんどくさい。
  • ハロー効果:一つの特徴から全体の要素を判断してしまうこと。
  • 三つの証拠を上げて人を判断するといい。
  • 初対面でいい印象を与えるといい。行動で示す。
  • バイアスの特徴
    • 努力は報われるバイアス
      • 努力すれば結果が出るとは限らない。基本的に不公平な世界。
      • 色々なことをするしかない。
    • 権利への執念バイアス
      • 自分が信じていることは、みんなが信じていることとは考えないこと。
      • 自分の理論は押し付けない。
      • 客観的な真実で考えることが大切。
    • 社会的な需要の見逃しバイアス
      • 相手が興味が持っているのにも関わらず、自分を価値のないものとしてしまう考え方。
      • 自分の能力が誰かにとってはすごく価値のあるものかもしれない。
    • 内集団バイアス
      • 大企業がつぶれる原因。
      • 三年間くらい大企業で働くとかかる病気。
      • 自分のグループを過大評価してしまう。好みが似ている人を過大評価してしまう人達が持っている。
      • 外の人達の意見も聞くことが必要。
      • カスタマーではなくノンカスタマーの意見も大切とドラッカーが言っている。外の意見が必要。