ゲーテ名言集|座右の銘にもなるファウスト作者から学ぶ秘訣

ゲーテ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe[1]、1749年8月28日 – 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。

その文学活動は大きく3期に分けられる。初期のゲーテはヘルダーに教えを受けたシュトゥルム・ウント・ドラングの代表的詩人であり、25歳のときに出版した『若きウェルテルの悩み』でヨーロッパ中にその文名を轟かせた。その後ヴァイマル公国の宮廷顧問(その後枢密顧問官・政務長官つまり宰相も務めた)となりしばらく公務に没頭するが、シュタイン夫人との恋愛やイタリアへの旅行などを経て古代の調和的な美に目覚めていき、『エグモント』『ヘルマンとドロテーア』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』などを執筆、シラーとともにドイツ文学における古典主義時代を築いていく。

シラーの死を経た晩年も創作意欲は衰えず、公務や自然科学研究を続けながら『親和力』『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』『西東詩集』など円熟した作品を成した。大作『ファウスト』は20代から死の直前まで書き継がれたライフ・ワークである。ほかに旅行記『イタリア紀行(英語版)』、自伝『詩と真実』や、自然科学者として「植物変態論」『色彩論』などの著作を残している。

(出典:Wikipedia

座右の銘にも使えるゲーテの名言集

自分1人で石を持ち上げる気概がないのであれば、2人でも持ち上げることはできない。
-ゲーテ-

自分自身の心の底から出た言葉でなければ、他者の心に響くことなどないのです。
-ゲーテ-

どこに行こうとしているのかが分かっていないのに、決して遠くまで行けるものではない。
-ゲーテ-

あなたの人生が始まったかのように、今日という日を生きなさい。
-ゲーテ-

何事も簡単にできるようになる前は、何もかも難しいものだ。
-ゲーテ-

自分を信頼しはじめたその瞬間に、どう生きたらいいのかがわかってくる。
-ゲーテ-

人間は努力をする限り迷うもの。
-ゲーテ-

愚者も賢者も、ともに害がない。一番危険なのは、半端な愚者と半端な賢者である。
-ゲーテ-

本で読んだ知識は、半分の知識でしかない。人生の中で、それを体験してこそ本当の知識になる。
-ゲーテ-

喜んで行動し、そして行った事を喜べる人は幸福である。
-ゲーテ-

人間を堕落に導いていく最悪な悪魔は、自分自身を嫌う心である。
-ゲーテ-

今日始めなかったら、明日に終えることなど出来ないのである。
-ゲーテ-

全てのことを今すぐに知ろうとするのは無理なことである。雪が解ければ見えてくるように時間がかかる。
-ゲーテ-

王様であろうと、百姓であろうと、自分の家庭で平和を見つけることができる者が、いちばん幸せな人間であるといえる。
-ゲーテ-

何かを手に入れたいなら、まずは自分を磨きなさい。
-ゲーテ-

どんな時でも希望を持ちつづけているのは、絶望していることよりもはるかに良いことである。可能なものの限界をはかることは、誰にも出来ないのだから。
-ゲーテ-

どんな場合でも口論をしてはいけない。賢い人でも無知なものと争えば、無知と同じレベルになってしまう。
-ゲーテ-

ただ、ひたすら自分が信じる道を歩んでいけばいい。他人がどのような道を歩こうと気にしてはいけないのである。
-ゲーテ-

あらゆる階級がある中で、特に気品がある人は誰かというと、どんな長所を持っていても、常に心の平衡を失わない人である。
-ゲーテ-

人間はみずからが愛するものごとによって形づくられていく。
-ゲーテ-

焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくってしまうのである。
-ゲーテ-

誤解はあたかも、靴下のひとつの飛ばし目のようなものである。初めに繕えばただひと針で済むのだから。
-ゲーテ-

あなたにできること、できると夢見ていることをどんなものでもいいから始めなさい。その大胆さは才能であり、力であり、魔法である。
-ゲーテ-

偉大な人間というのは世間の出来事に左右されるのではなく、世の中を左右してしまう人間のことである。
-ゲーテ-

支配したり服従したりせず、何ものかであり得ることのできる人間だけが、本当に幸福であり、偉大なのである。
-ゲーテ-

自信があるなら、実際にやってみること。行動を起こすと、人は不思議な力が使えるようになる。
-ゲーテ-

とにかくとりかかれば心が燃え上がるし、続けていれば仕事は完成する。
-ゲーテ-

目標から目をそらさずに努力し続ければ、最後にはかならず、幸運が舞い降ります。
-ゲーテ-

私たちの心は常に楽をしようとします。でもそれに逆らって、何かを目指して頑張ると、今度は心の中が、幸せな気持ちでいっぱいになるように出来ているのです。
-ゲーテ-

涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない。
-ゲーテ-

愛する人の欠点を美徳と思えない人は、決してその人を愛しているとはいえない。
-ゲーテ-

自分に命令をしない者は、いつになっても下僕にとどまる。
-ゲーテ-

人間が一番やっていけないことは、不機嫌になってしまうことである。
-ゲーテ-

本当にもったいないと思うのは、自分ができることを未完成のまま放り出し、理解もしていないことをやり始めてしまう人達のことである。彼らが最終的に後悔するのも無理はない。
-ゲーテ-