トルストイ名言集 座右の銘にも使えるロシアの文豪の言葉

トルストイ

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(露:Ru-Lev Nikolayevich Tolstoy.ogg Лев Николаевич Толстой[ヘルプ/ファイル], ラテン文字表記:Lev Nikolayevich Tolstoy, 1828年9月9日〔ユリウス暦8月28日〕 – 1910年11月20日〔ユリウス暦11月7日〕)は、帝政ロシアの小説家、思想家で、フョードル・ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀ロシア文学を代表する文豪。英語では名はレオ(Leo)とされる[1]。

代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。非暴力主義者としても知られる。(Wikipedia)

座右の銘にも使える文豪トルストイの名言集

逆境が人格を作るのである。
-トルストイ-

すべての幸福な家庭は互いに似ている。不幸な家庭はそれぞれの原因で不幸である。
-トルストイ-

幸福は、自分自身で作るものであって、それ以外の幸福はないのである。
-トルストイ-

後悔することがないのは、前進がないからである。
-トルストイ-

多くの女性を愛した人間より、たった一人の女性だけを愛した人間のほうが、はるかに深く女というものを知っているものである。
-トルストイ-

武力は、戦うことなく相手を屈服させることは出来ようが、相手を従順にさせることは出来ないのである。
-トルストイ-

過去も未来も存在しないのである。たしかに存在しているのは現在というこの瞬間だけだである。
-トルストイ-

人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自分自身が、その一年の始めにおける自分自身よりも、遥かに良くなったと感じることである。
-トルストイ-

学問のある人とは、本を読んで多くのことを知っている人である。教養のある人とは、その時代に最も広がっている知識やマナーをしっかりと心得ている人である。そして有徳の人とは、自分の人生の意義を理解している人である。
-トルストイ-

他人の犯した罪は目の前にあるが、自分の犯した罪は背後にあるのである。
-トルストイ-

真実だけでできていたなら、歴史はすばらしいものであったと思う。
-トルストイ-

自ら精神的に成長し、人々の成長にも協力すること。それが人生を生きるということである。
-トルストイ-

人生には唯一つだけ疑いのない幸福がある。それは、人のために生きるということである。
-トルストイ-

強い人々は、気取ることはないのである。
-トルストイ-

人を思いやることはあらゆる矛盾を解決し、人生を美しくし、ややこしいものを明瞭に、困難なことを容易にしてしまうのである。
-トルストイ-

あらゆる戦士の中で最も強いものは、時間と忍耐力である。
-トルストイ-

もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかっただろうし、自分というものを知らなかったであろう。
-トルストイ-

使命を全うするために、我々の仕事を明日に繰り延べることなく、どんな瞬間においても、自己の全力を傾注して生きなければならないのである。
-トルストイ-

謙虚な人は誰からも好かれるのである。それなのにどうして人は、謙虚な人になろうとしないのだろうか。
-トルストイ-

慈善は、それが犠牲である場合のみ慈善である。
-トルストイ-