豊田章男社長の動画から学ぶ成長の極意~TOYOTAの最高経営責任者(CEO)の言葉~

日本の誇る世界企業TOYOTAのCEO『豊田章男』について

豊田 章男(とよだ あきお、1956年5月3日 – )は、日本の実業家、経営者、レーシングドライバー。学位はMBA(バブソン大学・1982年)。トヨタ自動車株式会社代表取締役社長兼執行役員社長(第11代)、日本自動車工業会会長、東和不動産株式会社取締役会長。トヨタアルバルク東京株式会社代表取締役会長。

学校法人トヨタ東京整備学園理事長(第5代)、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長、ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング副社長、日本自動車工業会会長。また一人の車好きとして『モリゾウ』を名乗り、モータースポーツやマスメディアに登場することでも知られる。

(出典: Wikipedia

トヨタイムズ「イチロー×豊田章男×小谷真生子 2018 「ここだけの話」(前編)」

  •  豊田章男
    • ファッションは大切。人前に出た時にすぐ自分のイメージを掴んでほしい。
    • 同じ車で同じ道を走ると、自分の体の状態がわかる。
    • 2018年は倒れると思ったくらい忙しかった。
    • 自分のやりたいことを頼んでいるわけではないから、現場が動いてくれている。
    • 世の中は対立を作らせる。「トヨタらしさを取り戻す」ということをメディアから聞かれた時は言ってきた。

  • イチロー
    • 好きな者だけを食べている。
    • 体調を知るために、同じものを食べ続ける。
    • 調子が悪い時にバットをかえてしまうと、バットのせいになる。バットは余りかえない。
    • 自分の責任かどうかを判断するには、なんらかの定量的な基準を持つことが大切。
    • できない。できない。って言われ続けられてた人生。だから周りから何を言われても気にならない。
    • 苦なことはできない。
    • 短期でしか考えられないような、続けられない人はアスリートとして大成しない。
    • 研究者は間違いをたくさん経験しなければいけない。
    • しっかりと仕事ができる人たちは一癖ある。

  • 小谷真生子
    • イチローは感で動いていることを全て解説してくれる。
    • 豊田の7人の侍はクセのある人たち。

トヨタイムズ「イチロー×豊田章男×小谷真生子 2018 「ここだけの話」(後編)」

  • 豊田章男
    • 自分の給料は上げる気はあまりない。
    • 握手とかは拒否しないように頑張っている。
    • 70代で死ぬことにしている。それ以上生きたら、他にいろいろささげていく人生にしていく。
    • 一年に一回伊勢神宮に行く。
    • 今は、自動車業界100年に一度の大変革の時期。
    • 2019年は常若(常に若い)会社にしていきたい。
    • 生き方は曲がりくねっていても、前に進んでいくことが必要。

  • イチロー
    • プロは自分のためにやっているという認識でいい。
      • 昔チームプレーをするべきなのか、自分のためにやるべきなのかで、自分が悩んでいる時に、王貞治に聞いたら、自分のためにやればいいということを言われ、自分の中の悩みがなくなった。
    • 写真が撮られることが嫌い。
    • TOYOTAの社長はもっと貰ってもいい。
    • 神戸にチームがあったら考える。
    • できないと思っている人たちを見返したい。びっくりさせたい。
    • プロは毎年勝負の年。
    • 思い込みは自分の可能性を邪魔する。そうならないために、自分自身を作り込んでいくことが大切。

  • 小谷真生子
    • TOYOTAほどの企業のトップなのに報酬が少なすぎて、逆にネガティブイメージになる。