ホリエモン(堀江貴文)の動画から学ぶあなたの成長のための極意~ライブドア創業者の言葉~

TVでおなじみの『ホリエモン(堀江貴文)』について

堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 – )は、日本の実業家、著作家、投資家、タレントである。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。sns media&consulting株式会社ファウンダー、インターステラテクノロジズ株式会社ファウンダー、株式会社7gogo取締役、日本ゴルフ改革会議委員、Jリーグアドバイザー、大阪府の特別顧問(国際博覧会(万博)担当)である。元ライブドア代表取締役社長CEOである。

(出典: Wikipedia

『ホリエモン(堀江貴文)』の関連サイト

『ホリエモン(堀江貴文)』の動画と重要ポイント

  • 良い借金と悪い借金がある。
  • 借金できることは大きな信用。
  • オートローンは良い借金。現金で車を買うのはダメ。2%から3%くらいの金利で借りることができるから。年利5%以上で借りるのはダメ。
  • 金利がいい借金はどんどんした方がいい。
  • お金の知識は暇な時にどんどん勉強した方がいい。

  • 落合
    • 株主目線や経営者目線で見た会社は残る。
    • 労働者目線で見た会社は残る。
    • Dockerは神
  • ホリエモン
    • 株主は出資額以上の責任はない。
    • 会社にすることのメリットは、リスクマネーを集中させて多くのことをやる。
    • 組み合わせれば簡単なプラグラミングで大体のサービスを作れてしまう。->社員がほとんどいらずにサービスを作れてしまう。

  • デジタル化の時代は、ロングテール。
  • 計画を立てるな。計画通りに行く時代ではない。意味がない。
  • 歴史を学び、ファンダメンタルズを学ぶことが大切。
  • お金は信用。人と人との信用によって成り立っている。
  • 人間はいろいろな引き出しを用意しておく必要がある。

  • 社会貢献は余裕ができてからでもできるから、最初から利益にこだわるべき。正攻法にこだわりすぎない。利益ゼロの作業が増えれば、廃業することになる。
  • 全部実現するのがいいと思っているけど、一つに絞った方がいい。
  • 稲盛和夫が言っていることは理想論である。そういうことをしたいなら、利益が出てからやるのが成功への近道。対外的にはいいことを言った方がいいが。
  • 設けるビジネスがないと、社員の笑顔はない。
  • 儲かる事業からやっていくのは当たり前。
  • 子どもの頃のかっこいいの基準は足が速いこと。起業家がかっこいいという風にはならない。

  • 落合
    • 「毎回解き方が違う問題を解く人になる」か「時間を売る人にはなる」ということをよく考えた方がいい。
    • センター穴埋めは全く意味ない。
    • 学歴フィルターが2010年代以降かなり変わっている。
    • これから10年の教育は無駄になってしまう可能性がある。
  • ホリエモン
    • 小学校の時に同じ年代ばかりの人と付き合いすぎるのはよくない。

  • お金は今は余っている。マイナス金利がそれを意味している。面白いことをやる人にお金が集まってくる時代。
  • お金を払わせるのは、入学試験よりも制度が高い。
  • これからの人は手を上げる人が大切。そういう人たちを集めたい。
  • プロジェクトが進まないときは、どうでもいいことを議論している。
  • 上手くいくやつはどんどん進んでいく。プロトタイピングから、クラウドファンディングの流れが速い。

  • AIは目と耳はできている。手がない。次は手。
  • ロボット工学系とコンピュータサイエンスの部分がチャンス。
  • ロボット工学はほとんど日本人が権威。

  • 岡田斗司夫
    • 良いものはタダになる。
    • 金払うものにろくなものがない。
    • 値打ちがあるものはタダになる速度が速い。

多動力はこうやれ!!やりたい事をすべてやる時間術とは!?
  • やりたことは、取捨選択しない。全部やる。余計なことを人に外注したり、任せたりする。
  • 余計なことに時間を取られる人が多すぎる。
  • 時間割を作れば全然時間はあるはず。
  • 以外と準備に時間がかかるから、それを無しにすうる。

「終身雇用は崩壊するのか」ホリエモンが忖度なしで斬りまくる!【NewsPicksコラボ】
  • 実際に稼働している車は10分の1くらい。
  • そもそも将来的には、雇用を守るという概念がなくなる。
  • 流れが速いこの時代において、何か一つにかけることはすごくリスクが高いから、ポートフォリオを意識するべき。
  • 将来的に車を簡単に作ることのできる少数精鋭のファブレスメーカーが出てくる。
  • 大企業から定年退職したら抜け殻になってしまう。65歳くらいになるとみんな頑固になる。
  • イーロンマスクはラーメン次郎が大好き。