【書評】社内評価の強化書|森中謙介|同僚から一歩抜け出るための手軽な方法

著者はマネージングコンサルタント「森中謙介」

参考になった内容のまとめ

  • スピードがとにかく大切。あり得ないぐらいのスピード感を出す。
  • 財務会計とマーケティングを学ぶ。財務会計がわかってると、経営人材という認識がされる。評価に直結する。
  • マーケティングおすすめの書籍。
    • 不変のマーケティング
    • デジタルで変わるマーケティング基礎
  • 相談報告連絡がよい。ホウレンダネを逆からやっていくこと。
  • 人前に出す資料は完璧にする。
  • 評価直前に仕事をいろいろ達成する。遠近誤差の法則。
  • 評価期間中の序盤は思いきったチャレンジを行う。序盤はのんびりしている人が多い中で、その時期に積極果敢にチャレンジングな仕事をする。
  • 中盤でうまくいっていたら、さらに大きい目標を設定し、まわりを引き離す。
  • 会議では最初と最後に発言する。
  • 普段出れない会議などに顔を出してみて、会議巧者の真似をする。
  • 素朴な質問は、存在感アップの戦略の一つとしては役にたつ。
  • 飲み会と会社行事は他者との差をつける重要な役割。
  • 有能な人は露骨なおべっかに弱い。
  • 自分欠点や弱みについて明確に伝えておく
  • 忙しいときもホウレンソウを心がけること。
  • Facebookには単純接触効果が期待できるため、プライベートと仕事を分けないことが大切。
  • 上司が苦手とする分野を積極的にフォローしていく。
  • 重要は六つの要素
    • 1. 声が大きい
      • 声が大きくて、ニコニコ明るく元気で、ちょっぴり知性があれば、大概のことはうまくいく
    • 2. 仕事が好き、会社が好き、社長が好き
    • 3. 仕事は断らない
      • 信頼貯金がたまる。
    • 4. 雑用処理が巧み
      • 雑用への取り組み方次第で上司、経営者からの評価は大きく変わる。雑用に対する行動が大切。
      • 攻めること。自分から先に連絡を入れること。
      • 準備態勢を整えて待つこと。
      • 回避集中したいときに雑用が起こらないようにする。
    • 5. 叱られ上手
    • 6. 忙しいと言わない
  • 声を使い分ける。敬語を使い分ける。
  • 相手を間接的に誉める。
  • 組織をほめる。会社の社員や、会社の雰囲気をほめる。組織の人材をほめる。
  • ミラーリングをする
  • Win-Winを提示しつつ、イエスを引き出す。