【要約】なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤなのか?|滝内恭敬|お金を稼ぐための実践方法

著者は目標達成習慣化コンサルタント「滝内恭敬」

参考になった内容のまとめ

  • 他力がポイント
  • 他力が働く人は右肩上がりで繁栄する。
  • 聖書の内容を実践すれば儲かる。
  • この世には人を傷つけるものが三つある。悩み、いさかい、財布。空の財布が最も人を傷つける。(ユダヤの格言)
  • 知恵のある人は力強い。知識のある人は力を増す。
  • 知恵は真珠よりも尊く、あなたの望むどんなものも、これとは比べられない。
  • 最も土台となる思考・人格面に問題があれば結果はついてこない。一時的に大きな結果を手に出来ても、一時的な繁栄で終わってしまう。
  • 目に見えない土台分野を高めるという間接的努力に励む必要がある。
  • 知恵のある者とともに歩む者は知恵を得る。愚かな者の友となる者は害を受ける。
  • お金、仕事、人、知識、知恵、才能、健康、情熱、愛など、ありとあらゆる資源がしっかりと供給される状態にしておく。
  • 利他の心が大切。
  • いい気分でいることは財産。
  • 本当の自分の才能は、データによってではなく、実践によって知る。
  • 長期的な視点が優れた働きにつながる。望む未来につながる行動を逆算し、今すべきことを明確にする。
  • ビジネスの目的とは世の中の困りごとを解決し、人々を救済すること。
  • 起業家は救世主である。
  • ビジネスの成功者とは、こうだったらいいな!を現実に変えて、人々や世の中を喜ばせるために、与えられた才能を存分に活用した人たち。
  • 自分が買って本当によかった!価格以上の価値があった!と思っている商品を扱うことが大切