アリストテレス名言集(1)幸福を追求したプラトンの弟子の言葉

アリストテレス

(前384年 – 前322年3月7日)
古代ギリシアの哲学者である。
プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンとともに、しばしば「西洋」最大の哲学者の一人とされ、その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる。特に動物に関する体系的な研究は古代世界では東西に類を見ない。イスラーム哲学や中世スコラ学、さらには近代哲学・論理学に多大な影響を与えた。また、マケドニア王アレクサンドロス3世(通称アレクサンドロス大王)の家庭教師であったことでも知られる。
Wikipedia

古代ギリシャの哲学者「アリストテレス」の名言

人間は、目標を追い求める動物である。目標を達成しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。
-アリストテレス-

働く喜びが、仕事を完璧なものにする。
-アリストテレス-

革命は、決して些細なことではない。しかし、些細なことから起こるものである。
-アリストテレス-

批判を避けたいのであれば、何もせず、何も言わず、何者にもなるべきではない。
-アリストテレス-

不幸は、本当の友人ではない者を明らかにする。
-アリストテレス-

恥は、若者にとっては名誉であるが、老人にとっては屈辱である。
-アリストテレス-

私たちの行動が習慣になる。節度のある行動をすれば、節度のある人となり、勇気ある行動をすれば勇敢な人となる。
-アリストテレス-

自身自身で理解することが、全ての知性の始まりである。
-アリストテレス-

自分が友達に望む通りに、友達には振る舞わねばならぬ。
-アリストテレス-

良質とは、高みを追求する意志、地道な努力、聡明な方向性と熟練した技術を積み上げた結果。多くの選択肢を賢く選び出すことを意味するものだ。
-アリストテレス-

幸福は満足している人間に属するのである。
-アリストテレス(エウダイモス倫理学)-

賢人は、多くのことを気にかけず、自身を不必要に危険にさらさない。だが、重大な局面では人生さえも捧げる。なぜなら、特定の状況の中では生きる価値がないことを知っているからである。
-アリストテレス-

始めうまくいったことは、半分達成したことと同じである。
-アリストテレス-

人は物事を繰り返す存在である。つまり、優秀さとは、行動によって得られる物ではない。習慣になっていなければならないのである。
-アリストテレス-

勇気は人間の第一の資質である。なぜなら、他の資質の土台となる資質であるからである。
-アリストテレス-

一羽のツバメが来ても夏にはならないし、一日で夏になることもない。一日もしくは短い時間で人は幸福にも幸運にもなりはしないのである。
-アリストテレス-

私は、敵を倒したものより、自分の欲望を克服した者の方を、より勇者とみる。
自らに勝つことこそ、最も難しい勝利だからである。
-アリストテレス-

アリストテレスの著作

弁論術

ニコマコス倫理学

形而上学(上・下)

哲人アリストテレスに関連する名言

ビジネスに使えるアリストテレスの名言(2)

アリストテレスの師匠プラトンの名言は以下です。

ビジネスに使えるプラトンの名言(1)

ビジネスに使えるプラトンの名言(2)

プラトンの師匠ソクラテスの名言は以下です。

ビジネスに使えるソクラテスの名言(1)

ビジネスに使えるソクラテスの名言(2)