東郷平八郎名言集|日露戦争を勝利に導いた戦艦三笠のアドミラル・トーゴー

東郷平八郎(HEIHACHIRO TOGO)

東郷 平八郎(とうごう へいはちろう、弘化4年12月22日(1848年1月27日) – 昭和9年(1934年)5月30日)は、日本の幕末から昭和時代初めの武士(薩摩藩士)、海軍軍人。最終階級は元帥海軍大将。各地の東郷神社に名を残す。位階は従一位、勲位は大勲位、功級は功一級、爵位は侯爵。

日清戦争では「浪速」艦長として高陞号事件に対処。日露戦争では連合艦隊司令長官として指揮を執り日本海海戦での完勝により国内外で英雄視され、「陸の大山、海の東郷」「アドミラル・トーゴー」「東洋のネルソン」と呼ばれた。

山梨勝之進は「世界史的な観点から海軍の名将を列挙するならば」として8名の提督を挙げた上で、ホレーショ・ネルソン、デヴィッド・ファラガット、東郷平八郎の3名について特記している。(Wikipedia)

日本海海戦でバルチック艦隊を壊滅させた東郷平八郎の名言

軍備に制限は加えられても訓練には制限はありますまい。
-東郷平八郎-

降伏するのであれば、その艦は停止せねばならない。しかるに、敵はいまだ前進している。
-東郷平八郎-

神明は、ただ平素の鍛錬に力め、戦わずして既に勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に、一勝に満足して治平に安ずる者より直ぐに之を奪う。古人曰く、勝て兜の緒を締めよ、と。
-東郷平八郎-

我らが、真に一念、お国の為に、今度の一戦は、勝たねならないと、必死になって、準備しておいたので、天祐もあり、さらには、神助もあり、何も彼も、好都合に運んだわけである。
-東郷平八郎-

遇直と笑わるるとも、終局の勝利は必ず誠実な者に帰すべし。
-東郷平八郎-

皇国の興廃この一戦に在り、各員一層奮励努力せよ。
-東郷平八郎-

東郷は、運の良い男でございます。しかるに、必ずや勝利致しましょう。
-東郷平八郎-

わしは、天祐や神助が、必ずあるものと、信じている。ただ、それは、正義あっての天祐、至誠あっての神助だ。
-東郷平八郎-

兵器に格差があるときには、百発百中の大砲一門だけで、百門をもっているが一発しか当たらない大砲群と互角に戦うことができる。
-東郷平八郎-

咲くもよし散るもよし野の山桜、花のこころは知る人ぞ知る。
-東郷平八郎-