田沼意次名言集|田沼時代に数々の改革を行った徳川家治に仕えた老中から学ぶ言葉

この記事は約1分で読めます。

田沼意次(Tanuma Okitsugu)

田沼 意次(たぬま おきつぐ)は、江戸時代中期の旗本、大名、江戸幕府老中。遠江相良藩の初代藩主(相良藩田沼家初代)。第9代将軍徳川家重と第10代家治の治世下で側用人と老中を兼任して幕政を主導し、この期間の通称である「田沼時代」に名前を残す。

(出典:Wikipedia)

田沼意次の名言

親戚や席を同じくする大名と表裏なく親密に交際し、家格の低い大名とも同じように接するべき。

 

家来に対してもできるだけ情けをかけ、依怙贔屓のないように召しつかうように。

 

 

 

田沼意次関係者の名言

徳川家治名言集|側用人として老中・田沼意次を登用した江戸幕府第9代征夷大将軍から学ぶ言葉

松平定信名言集|寛政の改革を行った田沼意次を継いだ陸奥白河藩の老中から学ぶ言葉

 

 

 

====最後にサチコでインデックス登録====

 

 

タイトルとURLをコピーしました