アインシュタイン名言集|座右の銘|相対性理論を解明した現代物理学の父

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)

(1879年3月14日 – 1955年4月18日)
ドイツ生まれの理論物理学者である。

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績などにより、世界的に知られている偉人である。

「20世紀最高の物理学者」や「現代物理学の父」等と評され、それまでの物理学の認識を根本から変えるという偉業を成し遂げた。(光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって)1921年のノーベル物理学賞を受賞。(Wikipedia)

相対性理論を解明したアインシュタインの名言


我々の直面する重要な問題は、それを作ったときと同じ考えのレベルで解決することはできない。
-アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)-

挫折を経験した事がないということは、何も新しい事に挑戦したことが無いということである。
-アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)-

私は、先のことなんて考えたことがない。すぐに来てしまうのであるから。
-アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)-

成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとするべきである。
-アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)-

人の価値は、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。
-アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)-

私は、それほど賢くはない。ただ、普通の人より長く一つのことと付き合ってきただけなのである。
-アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)-

何かを学ぶためには、自分で体験すること以上にいい方法はない。
-アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)-

困難の中に、機会がある。
-アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)-

常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことである。
-アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)-