徳川綱吉名言集|生類憐れみの令を制定する政治を行った犬将軍から学ぶ言葉

この記事は約1分で読めます。

徳川綱吉(Tokugawa Tsunayoshi)

徳川 綱吉(とくがわ つなよし)は、上野・館林藩初代藩主、江戸幕府の第5代征夷大将軍(在職:1680年 – 1709年)。第3代将軍・徳川家光の四男。館林徳川家初代。

(出典:Wikipedia)

徳川綱吉の名言

支配者があまりにも寛容に民を扱うと、民は奢りに走り本業を怠るものである。身分不相応な暮らしを許してはいけない。民は為政者を信用しておらず、為政者もまた民を疑っている。このようなことが起こらないように意思の疎通に心がけるべきである。代官等は率先して身を慎み、職務をよく理解し、年貢の収納に努め、下役に任せきりにせず、自らが先に立って職務に精励することが肝要である。

 

 

徳川綱吉関係者の名言

徳川家康名言集|座右の銘にも使える天下を統一した江戸幕府初代征夷大将軍から学ぶ言葉

徳川秀忠名言集|徳川家光を子供に持つ江戸幕府第2代征夷大将軍から学ぶ言葉

 

タイトルとURLをコピーしました