これであなたも成功できる。成功するために大切なこと。~メンタリストDaiGoの動画から学ぶ極意~

TVでおなじみの『メンタリストDaiGo』について

DaiGo(ダイゴ、1986年11月22日 – )は、日本のマジシャン、パフォーマー、作家。静岡県出身。

高輪高等学校、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程中退。ジェネシスヘルスケア株式会社顧問。新潟リハビリテーション大学特任教授。東京大学謎解き制作集団「AnotherVision」の元代表・松丸亮吾は実弟。

身長173cm。血液型はB型。

(出典: Wikipedia

『メンタリストDaiGo』の公式ブログ

成功に大切なことに関する『メンタリストDaiGo』の動画と重要ポイント

AppleとMicrosoftが明かすこれからの時代に必要な4つのスキル
  • AppleやMicrosoftといったシリコンバレーの巨大テック企業は、これからの時代を生きていく上で必要なスキルとして、下記の四つが大切であるとしている。
    1. Critical Thinking (クリティカル・シンキング)
    2. Collaboration (コラボレーション)
    3. Communication(コミュニケーション)
    4. Creative (クリエイティヴ)

Critical Thinking クリティカル・シンキング(批判的思考)

批判的思考(ひはんてきしこう)またクリティカル・シンキングcritical thinking[1])とは、あらゆる物事の問題を特定して、適切に分析することによって最適解に辿り着くための思考方法である。批判の定義については論者によって異なるが、共通的には、単に否定的になるのではなく、自身の論理構成や内容について内省することを意味する。その方法論としては、考察対象をよく理解すること、間違った推論を起こす暗黙の前提を明らかにすること、証拠について評価したり、循環論法人身攻撃など論理的な誤りを避けるための誤謬についての理解といったこと。21世紀に入り、批判的思考を教育カリキュラムに取り込む動きがある。
(出典: Wikipedia)

人の意見やニュースなどを鵜呑みにしないことが大切である。そもそもそれはどういう意味であるのかを考えることで、それが間違っているかどうかということを判断するようにすることが大切である。全てのものごとの本質を見抜くようにすることと同じ。

Collaboration コラボレーション

コラボレーションcollaboration)は、「共に働く」「協力する」の意味で、「共演」「合作」「共同作業」「利的協力」を指す語である。日本語ではコラボと略されることも多い。
(出典: Wikipedia)

ビジネスなどの現場で、目的や目標に向かって他人と協力できる能力である。他人と戦略的な関係を結べることができるかどうかということを意味する。

Communication コミュニケーション

コミュニケーションcommunication)もしくは通信(つうしん)、交流(こうりゅう)、意思疎通(いしそつう)とは、

原語がcommunicationなのでカタカナで表記する場合は「コミュニケーション」である(出典:広辞苑[1]大辞泉[2][注 1][注 2]

(出典: Wikipedia)

いわゆるコミュニケーション。人前で話す能力であったり、人と仲良くなる能力であったり、人と効果的な関係性を作っていくことのできる総合力を表す。

Creativity クリエイティビティ(創造性)

創造性は、それによって新しいそしてどういうわけか価値のある何かが形成される現象です。作成されたアイテムは、無形(アイデア科学理論作曲冗談など)または物理的なオブジェクト(発明文学作品絵画など)の場合があります。

創造性に対する学術的な関心は、主に心理学ビジネス研究、そして認知科学だけでなく、教育技術工学哲学(特に科学哲学)、神学社会学言語学、そして経済学にも見られます。創造性と一般的知能、性格タイプ、精神的および神経学的プロセス、精神的健康、または人工知能との間; 教育と訓練を通して創造性を促進する可能性。国家の経済的利益のための創造性の育成、および教育と学習の効果を向上させるための創造的なリソースの適用。

(出典: Wikipedia)

創造的である能力。アイデアを作り出す能力である。