韓非子の内容を学ぶ|人を自在に動かす武器としての韓非子

正しい行いにはきちんと見返りをあたえる
モチベーション三要素
公平感、達成感、連帯感
公平感がないとやる気が失われる。
公平感はリーダーの立場を安定させる。
出した結果で人事をきめるために、機会は平等に与えること。
韓非子の部下評価方法(八説)
身分の低いものでも高いものを批判することができるようにする
事実の判定には多くの情報を集めて検討する
部下の意見を広く集めて、偏った聞き方をしない
優れた実績を出したものの仕事を増やす
愚か者には仕事を任せない
ヒトを動かしたいのなら、成果をあげずに、得するものを一切許さない
トップがルールを真剣に守ることが人が動くチームの基礎
優れた組織と仕組みは、普通の人・平凡な人もヒーローにする
ドラッカー
業績をあげるための三つの能力
企業家的な計画を、特定の人間が責任を持つべき仕事に具体化する
企業家的な計画を日常の仕事に具体化する
一人ひとりの人間の職務と組織の精神の中心に、業績を捉える
リーダーは目標をはっきりと、より明確にし続ける
韓非子の説くリーダーに必要な三つの要素
利益(お金)
威厳(地位、権力、敬意)
名目(掲げる目標)
この三つ以外は急務ではない。
ドラッカーの企業についての仮説
成果と資源は企業の内部にはない。いずれも外部にある。
成果は、問題の解決ではなく、機会の開拓によって得られる。
成果を上げるには、資源を問題にではなく、機会に投じなければならない。
成果は有能さではなく、市場におけるリーダーシップによってもたらされる。
機会を利益にするためには、それをいかせる資質を身につける
実行がなければ、高尚な論理など無意味。実行の代わりは決して果たせない。
実行を何より求め、追求していること。
特別な目標を掲げて、それを達成する特別な集団を目指すこと。
カルト的文学で目標に徹底して取り組ませ、圧勝する
個人の利益は必ず集団への貢献になることを徹底。
韓非が説く、部下を惹き付ける四つのポイント。
君主の目標設定力
君主が感情でヒトを裁かない
部下の適材適所を常に考える
あらゆる指示のわかりやすさ
部下の力を引き出す五つの法則
人にあわせた仕事と集中環境
ルールはシンプルで効果的
部下に苦手なことを押し付けない
効果的で成果の上がる目標からまず取りかかる
リーダーの冷静さ。感情ではなく、合理性を追求する姿勢。
自分が多く話すことはあきらめて、部下から話を始めさせる。
部下の発想、アイデア、知恵、エネルギーを活用するために、リーダーは自分が常に一番であることを意図的にあきらめる。
曖昧なままでの放置は、上司が部下を見捨てる行為である
ここを変えるともっとよくなるよ、というフィードバックをする
韓非子
治を望むことの強いものは、その賞を手厚くし、乱を憎むことの強いものは、必ずそのばつを重くする。
優れたリーダーとは、意義あることに目を向け、部下を行動・集中させるもの。
定量的に評価さるようにすれば、口に惑わされることはない。
韓非が指摘する君主の二つの武器
明察・隠れたものを見抜く力
厳格・処罰を断行する力
人の演技を見抜けないリーダーは転落する
転落するリーダーの情報は筒抜け、飛躍するリーダーは自分の情報をしっかり守る
転落するリーダーは好き嫌いを素のままで出す
飛躍するリーダーは仕事への影響を考えてこう悪を設計する
リトマス紙
トップが目標を公開する前に、幹部や部下に目標を聞いてみる
言ったことと、実際の功績を厳密に比較してみる
自分にお金や権力ごないときの、相手の態度を覚えておく
情報を与えず相手を試し、発言は必ず裏をとって確かめる。
みんな多かれ少なかれ演技をしている
お金や権力、地位の前で人がどう演技をするか、理解しておく
10の落とし穴
小さなことを取り上げて、大きな誠実を妨げてしまう。
小さな利益にひかれて、大きな利益を損なう。
行動が偏り、外国の諸侯に無礼だとやがて身を滅ぼす。
政務に集中せず音楽ばかり楽しむと、やがて行き詰まる。
貪欲でひねくれて、利益をさばかり求めると、国を滅ぼす。
女性の舞楽に溺れて政治を顧みないと、国を失う。
朝廷を離れて遠くに遊び、諫める人を無視すると、身に危険が迫る。
失敗しながら忠臣の言葉を聞き入れないと、名声を失い笑い者になる。
内に自分の力を考えず、外の有力者に依存すると国土を削られる。
小国なのに礼を守らず、諌める部下の意見を用いないと、世継ぎが続かない。
10の失敗をまとめると、以下の三つ。
利のマイナス面を避ける知恵と判断力。
傲慢さを遠ざける規律。
客観性を保持する努力。
滅びる国の特徴。
1君主自身の傲慢さや不注意
 君主が感情を管理できない。
 君主が欲を管理できない。
 君主が法令を守ることができない。
 君主が上にたつものとしての定石を無視する
2幹部との関係、人材の扱い
 よい評価の基準は必ず明示しておく
 生え抜きを昇進させ、内部の貢献者にやる気を与えていく
 矢面にたち責任を果たしたもの、本当に貢献したものを優遇する
 根拠もなく人を信じてはいけない
 相手が騙せない自分、暴利をむさぼれない自分になること
 君主が確認する力を高める続けることが、組織の不祥事を未然に防ぐ
組織統治の誤りを正さないこと
外交上の無謀、無知
跡継ぎ、家族の管理の不行き届き
特に自己管理が大切。そのつぎに他者管理。