就活・転職の面接能力を高める方法|Daigoの動画に学ぶ

TVでおなじみの『メンタリストDaiGo』について

DaiGo(ダイゴ、1986年11月22日 – )は、日本のマジシャン、パフォーマー、作家。静岡県出身。

高輪高等学校、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程中退。ジェネシスヘルスケア株式会社顧問。新潟リハビリテーション大学特任教授。東京大学謎解き制作集団「AnotherVision」の元代表・松丸亮吾は実弟。

身長173cm。血液型はB型。

(出典: Wikipedia

『メンタリストDaiGo』の公式ブログ

就活や転職活動での面接で使える方法を学べる動画一覧

1. 実績ナシで面接に通る自己アピール【転職就活テク】

実績ナシで面接に通る自己アピール【転職就活テク】
  • よく学生などで何達成したことがない人がいると思うが、どういう風にアピールをすると面接や転職活動などで成功することができるのか?
  • 何を成し遂げたことがない人がアピールするには、可能性をアピールするとよい。
  • 自分のポテンシャルを伝えられた人の方が通りやすい。
  • 人間はどうしてもポテンシャルの方に注意が向くらしい。
  • ひたすら未来のこととか、ビジョンや夢を語ることがとても大切である。
  • 過去の実績をしゃべることより、夢を語っている人の方がかっこいい。人を集めたい、転職などで成功するためには、ひたすら可能性をアピールするべき。

2. 面接採用率すら上がるハーバード式「第一印象の作り方」

面接採用率すら上がるハーバード式「第一印象の作り方」
  • 第一印象は面接の時にめちゃくちゃ重要。
  • 面接関係の本が言っていることは間違っている。自己PRの内容とかはあまり意味がない。
  • カリスマ性は職歴よりも可能性を感じる方に感じることが多い。
  • 未来のことをしゃべる人の方が面接は通りやすい。起業家でも未来のことをうまく伝えることができる方がお金を集めやすい。
  • スティーブジョブズの内容などから学ぶとよい。