起業する適性を心理学的に考える方法|Daigoの動画に学ぶ

TVでおなじみの『メンタリストDaiGo』について

DaiGo(ダイゴ、1986年11月22日 – )は、日本のマジシャン、パフォーマー、作家。静岡県出身。

高輪高等学校、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程中退。ジェネシスヘルスケア株式会社顧問。新潟リハビリテーション大学特任教授。東京大学謎解き制作集団「AnotherVision」の元代表・松丸亮吾は実弟。

身長173cm。血液型はB型。

(出典: Wikipedia

『メンタリストDaiGo』の公式ブログ

起業家になる適性を判断する動画一覧

1.当てはまったら起業の才能あり【リーキーアテンション】とは

当てはまったら企業の才能あり【リーキーアテンション】とは

起業向きのリーキーアテンションの特徴とは?

  • 何かをやっているときに、まったく別のことを思い浮かべてしまう人のこと。
  • 何かを考えているときに、ぼんやり一部が違うところに持っていかれてしまう人。
  • リーキーアテンションは、基本的に注意を切り替えれるのが下手な人。
  • 注意力が散漫になる人は、クリエイティビティの方面で活躍する可能性が高く、アートや起業などアイデアを出すことについて適正がある。
  • リーキーアテンションの人は、全般的に注意力が散漫になるため、形にする能力が低い。そのため、アイデアを形にするときは、集中できる環境を作ることが大切。

リーキーアテンションに関するお勧めの本(動画の中で紹介)

2. 1.2万人を30年追跡して判明!起業家の才能がある人の三つの特徴

1.2万人を30年追跡して判明!起業家の才能がある人の3つの特徴

成功する起業家になれる人の特徴とは?

若い時に悪かった人。例えば、万引きや不登校になったことがあるような人。
言い換えると、若い時からリスクを恐れずにとってきた人で、下記の3点をみたすこと。

  • 育った家が裕福
  • レベルの高い教育を受けている
  • 両親の夫婦関係が良好

ただ、これだけでは先天的な生まれつきの環境が左右することが多いので、
こういう境遇ではない人でも、起業家として成功するための能力を高める方法があります。

起業で成功するための能力を身につけるには?

  • やればできるという考え方を身につけることができるとよい。
  • 成功する起業家になるためのバックグラウンドを持っていなくても、成長マインドセットを身に着けていれば成功できる。
  • 成長マインドセットとは、自分もやればできるという気持ちを持つこと。自分の才能はどんどん高めることができるというモチベーションをもち、自分が現状できないことでもどんどん取り組むことができること。チャレンジをどんどんし、できなかったら人に助けてもらえばよい。
  • 成長マインドセットは高めることができると信じ、努力をしていくこと。

お勧めの本:成長マインドセットに関連する本