織田信長名言集|座右の銘にも使える戦国時代の英傑

織田信長

織田 信長(おだ のぶなが、天文3年5月12日〈1534年6月23日〉 – 天正10年6月2日〈1582年6月21日〉)は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。三英傑の一人。(Wikipedia)

座右の銘に使える織田信長の名言集

組織に貢献してくれる人材は、優秀である者よりも、能力は並の上だが、忠実な者の方である。
-織田信長-

リーダーが、理由もなく前線に出て、大きく失敗するようなことをしてはならない。仮に手柄を立てることができても、部下の手柄を奪ったことになり、もし失敗すれば部下の敬意は薄れてしまう。今後はこれを忘れないように。
-織田信長-

仕事は自分で探し、創り出すものである。与えられた仕事だけをやるのは雑兵にすぎない。
-織田信長-

攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はしてはいけない。
-織田信長-

人を使う時は、仕事をこなす能力があるかないかを考えれば良い。勤めた長さなど問題にならないのである。
-織田信長-

行動してからこそ、有能な人間と言えるのである。何も指示がなかったからといって、そのまま何もしないような者は、何の役にもたたないのである。
-織田信長-

器用というのは他人の思惑の逆をする者である。
-織田信長-

天才や優秀とよばれる人間は、自分自身を過信しすぎて役に立たないものである。しかし、不器用な者は、生き残るために学習する、努力する。人生における姿勢が全く違うのである。そして、これこそが大事なことなのである。
-織田信長-

臆病者の目には、敵は常に大軍に見えるものである。
-織田信長-

絶対は、絶対にないのである。
-織田信長-

得意なことを過信する者は、その油断のために身を滅ぼすことになるであろう。
-織田信長-

理想を持ち、信念に生きるのである。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえる。そのような者は廃人と同じである。
-織田信長-

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つのである。
-織田信長-