カエサル名言集|ジュリアス・シーザー|座右の銘|古代ローマ帝国皇帝

ジュリアス・シーザーGaius Iulius Caesar

ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar、紀元前100年 – 紀元前44年3月15日[1])は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。「賽は投げられた」(alea iacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句でも知られる。また暦で彼の名称が使用されていた(ユリウス暦)時期が存在していた。

古代ローマで最大の野心家と言われ、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となった。

Wikipedia

古代ローマ皇帝 カエサルの名言集

人は喜んで自分の望むものを信じる。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

予期せぬ事態に動じない者ほど、勇気のある人物はいない。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

法律を犯すとき、それは権力を手に入れるときだ。それ以外は法を犯すべきではない。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

経験することはすべてにおける教師である。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

人は、真実であってほしいことはすぐに信じてしまうものである。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

私は名誉のためなら死も恐れぬ。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

学習より創造。創造こそ生の本質である。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

どんな死が一番好ましいか?それは予期せぬ死である。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

全ガリアは三つの部分に分かれる。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

私たちは自分が望んでいるものは、とてもたやすく信じ込んでしまうし、自分自身が考えていることは人も同じだろうと思ってしまうのである。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

私が恐れるのは、健康でよく肥えた男ではなく、青白く餓えている男である。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

戦争では、重要な出来事は些細な原因の結果である。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

臆病者は本当に死ぬまでに、幾度も死ぬのである。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

運というものは、ものごとを大きく左右する。特に戦争ではそうである。
ある力が加わることで、大きく変わってしまう可能性がある。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

来た、見た、勝った。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

私は実際長くも生きてきたし、十分な成果も出してきたと思う。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

カエサルの妻たる者は、疑われることさえもあってはならない。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

一般的に人は、見えることについて悩むよりも、見えないことについて多く悩むものである
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

分断して征服せよ。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

ローマで二番になるより、村で一番になりたいものだ。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

わたしは王ではない。カエサルである。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

ブルータス、お前もか。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-

賽(さい)は投げられた。
-Julius Caesar(ユリウス・カエサル)-