足利尊氏名言|鎌倉幕府を倒した室町幕府初代征夷大将軍

足利尊氏

足利 尊氏(あしかが たかうじ)は、鎌倉時代末期から室町時代(南北朝時代)前期の武将 。足利貞氏の次男。室町幕府初代征夷大将軍(在職:1338年 – 1358年)、足利将軍家の祖。姓名は源 尊氏(みなもと の たかうじ)。(Wikipedia)

室町幕府初代征夷大将軍『足利尊氏』の名言

他人の悪をよく見る者は、己が悪これを見ず。
他人の欠点によく気づく人は、自分の欠点を認識していないものだ。

-足利尊氏-

文武両道は車輪のごとし。一輪欠ければ人を渡さず。
文武両道は車の車輪のようである。一つの車輪が書けてしまったら、乗ることはできない。
-足利尊氏-

天下を司る人は、天下を救い養う役なり。然る則は吾身の苦は、天地に溢るる程こそあるべけれ。
政治を行うものは、人々を救うのが役目である。だからこそ自分自身の苦労は天地に溢れるほど多いはずである
-足利尊氏-

良し悪しと 人をば言ひて たれもみな わが心をや 知らぬならん
皆人のことを好き勝手に言うが、誰も私の心をわかっていない。
-足利尊氏-

足利尊氏の宿敵の名言はコチラ

楠木正成名言集