阿部正弘名言集|安政の改革やペリーと日米和親条約を締結した老中から学ぶ言葉

この記事は約1分で読めます。

阿部正弘(Abe Masahiro)

阿部 正弘(あべ まさひろ)は、江戸時代末期の備後国福山藩の第7代藩主。江戸幕府の老中首座を務め、幕末の動乱期にあって安政の改革を断行した。阿部宗家第11代当主。

(出典:Wikipedia)

阿部正弘の名言

我が国は狭いな。

 

自分の意見を述べてもし失言だったら、それを言質に取られて職務上の失策となる。だから人の言うことを良く聞いて、善きを用い、悪しきを捨てようと心がけている。

 

 

 

阿部正弘関係者の名言

徳川家慶名言集|老中として水野忠邦を任命し天保の改革を行った江戸幕府第12代征夷大将軍の言葉

徳川家定名言集|天璋院篤姫の夫であり老中阿部正弘の補佐を受けた将軍の言葉

タイトルとURLをコピーしました