ヘレン・ケラー名言|サリバン先生から学んだ奇跡の人

ヘレン・ケラー(Helen Adams Keller)

ヘレン・アダムス・ケラー(Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。

視覚と聴覚の重複障害者(盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。(Wikipedia

“奇跡の人” ヘレン・ケラーの名言

たくさんの人が本当の幸せがどういうものであるか誤解している。
幸せは自己欲求を満足させることではなく、価値ある目的に忠実に取り組むことを通して得られるのである。
– ヘレン・ケラー –

自分の欠点を直視し認めることである。ただし欠点に振り回されてはいけない。忍耐力、優しさ、人を見抜く目を欠点から学びぶ必要がある。
– ヘレン・ケラー –

はじめはとても難しいことも、続けていけば簡単になる。
– ヘレン・ケラー –

自分はこの程度の人間だと思った瞬間、それ以上の人間になることが出来なくなる。
– ヘレン・ケラー –

自分を憐れむことは絶対にしてはいけない自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのである。
– ヘレン・ケラー –

孤独な魂に出会うと、自由と知性のあふれる世界にかならず導いてあげる、それが愛である。
– ヘレン・ケラー –

私は正義のために戦っている人すべてに共感を覚える。
– ヘレン・ケラー –

結局のところ、本当の知識を得るためには、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いた。
– ヘレン・ケラー –

世界で最も哀れな人とは、目は見えていてもビジョンのない人である。
– ヘレン・ケラー –

人生がもっとも面白くなるのは、他人のために生きている時である。
– ヘレン・ケラー –