チンギス・ハン名言集|世界を征服したモンゴル帝国初代皇帝

チンギス・ハン

チンギス・ハーン(モンゴル語:Cinggis qagan.svg、キリル文字:Чингис хаан、ラテン文字化:Činggis Qan または Činggis Qa’an、漢字:成吉思汗、1162年5月31日? – 1227年8月25日)は、モンゴル帝国の初代皇帝(在位:1206年 – 1227年)。日本語での名前表記については複数の表記揺れがある(名前の節を参照)。

大小様々な集団に分かれてお互いに抗争していたモンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国・中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に征服し、最終的には当時の世界人口の半数以上を統治するに到る人類史上最大規模の世界帝国であるモンゴル帝国の基盤を築き上げた。

死後その帝国は百数十年を経て解体されたが、その影響は中央ユーラシアにおいて生き続け、遊牧民の偉大な英雄として賞賛された。特に故国モンゴルにおいては神と崇められ、現在のモンゴル国において国家創建の英雄として称えられている。(Wikipedia)

モンゴル帝国初代皇帝「チンギス・ハン」の名言

怒りに任せた行動は必ず失敗する。
-チンギス・ハン-

人間の最も大きな喜びは、敵を打ち負かし、これを眼前よりはらい、その持っているものを奪い、その身よりの者の顔を涙にぬらし、その馬に乗り、その妻や娘をおのれの腕に抱くことである。
-チンギス・ハン-

我が身を治めるなら、我が心から修めよ。
-チンギス・ハン-

国は力で支配することはできるが、人の心は力で支配することはできない。
-チンギス・ハン-