キルケゴール名言集|実存主義の創始者

セーレン・キルケゴール

セーレン・オービエ・キェルケゴール(デンマーク語: Søren Aabye Kierkegaard デンマーク語発音: [ˈsɶːɐn o:’by ˈkiɐ̯ɡəɡɒːˀ] ( 音声ファイル)、1813年5月5日 – 1855年11月11日)は、デンマークの哲学者、思想家[1]。今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。

キェルケゴールは当時とても影響力が強かったゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル及びヘーゲル学派の哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。(Wikipedia)

キルケゴールの名言

人生の初期において、最大の危険はリスクを取らないことである。
-セーレン・キルケゴール-

心の純粋さとは、ひとつのものを望むことである。
-セーレン・キルケゴール-

人を誘惑することのできないような者は、人を救うこともできない。
-セーレン・キルケゴール-

結婚したまえ、君は後悔するだろう。結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう。
-セーレン・キルケゴール-

信念は理屈をも超越する。
-セーレン・キルケゴール-

行動と情熱がなくなると、その世界は、妬みに支配される。
-セーレン・キルケゴール-

自分自身を愛することを忘れるな。
-セーレン・キルケゴール-

自らの挫折の中に信仰を持つ者は、自らの勝利を見出す。
-セーレン・キルケゴール-

しばらく二人で黙っているといい。その沈黙に耐えられる関係かどうか。
-セーレン・キルケゴール-

人間は思想を隠すためでなく、思想を持ってないことを隠すために語ることを覚えた。
-セーレン・キルケゴール-

望みを絶つのは死を意味する。大きな望みを持つ者は必ず勝つ。
-セーレン・キルケゴール-

キルケゴールの著作

キルケゴールの名言は少し暗いところもありますが、かなり核心をついているところが多いです。キルケゴールは名言以外にも数々の著作を残しています。哲学者キルケゴールから人生とは何かを学ぶために、この機会に手をとってみてはいかがでしょうか?

死に至る病

誘惑者の日記