アン・サリバン(サリバン先生)名言集|ヘレン・ケラーの家庭教師から学ぶ座右の銘

この記事は約2分で読めます。

アン・サリバン(サリバン先生)

アン・サリヴァンことジョアンナ(アン)・マンズフィールド・サリヴァン・メイシー(Anne Sullivan、またはAnnie Sullivan Macy、Johanna Mansfield Sullivan Macy、1866年4月14日 – 1936年10月20日)は、ヘレン・ケラーの家庭教師(ガヴァネス)。通称「アニー」。日本では「サリバン先生」の名で知られている。ヘレン・ケラーは彼女のおかげで、目、耳、声の三重の身体障害を克服した。ヘレンケラーの生涯を綴る戯曲は『奇跡の人』と訳されており、「奇跡の人」とはヘレンのことと日本では誤解されがちである。原題は「The Miracle Worker」であり、これは実際にはアンのことを指した言葉である。

(出典:Wikipedia)

アン・サリバンの名言

喜びは、自分を忘れる事にあるのです。

 

人の唇から漏れる微笑みを、自分の幸せと感じられる人間に私はなりたいと思います。

 

失敗したら初めからやり直せばいいのよ。そのたびにあなたは強くなれるのだから。

 

全力を尽くし、結果を待つのです。。

 

どんなささやかな成功も、他人の目には触れない挫折や苦難の道を経ているものなのです。

 

知識は愛であり光であり、未来を見通す力なのです。

 

太陽ばかりを見ていては影は目に入らないのです。

 

最も重い障害をもちながら、こんな偉業を成し遂げられるということを人々に教えているつもりなのです。

 

最も暗い雲の下でも、人間は清らかに美しく、楽しく生きられるのです。

 

 

 

アン・サリバン関係者の名言

ヘレン・ケラー名言|障碍者の教育・福祉の発展に尽くしたサリバン先生から学んだ奇跡の人

タイトルとURLをコピーしました