北条時宗名言集|元寇でモンゴル帝国を追い返した鎌倉幕府執権の言葉

この記事は約1分で読めます。

北条時宗(Hojo Tokimune)

北条 時宗(ほうじょう ときむね)は、鎌倉時代中期の鎌倉幕府第8代執権(在職1268年-1284年)。

鎌倉幕府執権職を世襲する北条氏の嫡流得宗家に生まれ、世界帝国であったモンゴル帝国の圧力が高まるなかで執権に就任。内政にあっては得宗権力の強化を図る一方、モンゴル帝国(大元朝)の2度にわたる侵攻(元寇)を退けた。官位は、正五位下相模守。贈従一位。

(出典:Wikipedia)

北条時宗の名言

人間の最大の誘惑は、あまりにも小さなことに満足してしまうことである。

 

精神の高邁さとは非礼を平然とした態度で耐えることである。

 

忍耐は苦しいのである。しかし、その実は甘いのである。

 

 

 

北条時宗関係者の名言

北条政子名言集|尼将軍と呼ばれた鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻の言葉

北条義時名言集|承久の乱に勝利した鎌倉幕府の指導者から学ぶためになる言葉

 

タイトルとURLをコピーしました