小西行長名言集|キリシタン大名として加藤清正と対立した関ケ原の戦いで敗れた武将の言葉

この記事は約1分で読めます。

小西行長(Konishi Yukinaga)

小西 行長(こにし ゆきなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。藤原北家秀郷流丹波内藤氏で、管領細川京兆家に仕えた丹波国守護代内藤元貞の玄孫。祖父・行正の代から小西氏を称した。肥後宇土城主。アウグスティヌスの洗礼名を持つキリシタン大名でもある。

当初は宇喜多氏に仕え、後に豊臣秀吉の家臣となる。文禄・慶長の役では女婿・宗義智らと共に主要な働きをし、序盤の漢城府占領の際には加藤清正と先陣の功を争った。関ヶ原の戦いでは西軍の将として奮戦したが、敗北して捕縛された。自殺を禁じられたキリシタンであったので、切腹を拒否して斬首された。

(出典:Wikipedia)

小西行長の名言

信長様と秀吉様の海に侵入するな!

 

 

小西行長関係者の名言

石田三成名言集|西軍の総大将として関ケ原の戦いで敗れた豊臣政権の五奉行から学ぶ言葉

安国寺恵瓊名言集|信長の死を予言した関ケ原の戦いで敗れた臨済宗の僧の言葉

タイトルとURLをコピーしました