酒井忠次名言集|徳川四天王筆頭である徳川家康を支えた側近から学ぶ言葉

この記事は約1分で読めます。

酒井忠次(Sakai Tadatsugu)

酒井 忠次(さかい ただつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての三河の武将。徳川氏の家臣。

徳川四天王・徳川十六神将ともに筆頭とされ、家康第一の功臣として称えられている。

(出典:Wikipedia)

酒井忠次の名言

松枯れで竹だくびなき明日かな(松平は枯れず武田は首がない将来だ)

 

直政に甲州侍を付したのは主君である。軽率な行動をすれば、その方の一門を串刺しにする

 

偖(さて)終に後ろを見たることは之なく候(私は後ろを見たことはありませんでした)

 

仰せの旨、面目あり

 

年老候ひぬ子を不便にさせ給え(私は年老いました。子供をどうかかわいがってください)

 

 

酒井忠次関係者の名言

徳川家康名言集|座右の銘にも使える天下を統一した江戸幕府初代征夷大将軍から学ぶ言葉

タイトルとURLをコピーしました