徳川家康名言集|座右の銘にも使える天下を統一した江戸幕府初代征夷大将軍から学ぶ言葉

この記事は約2分で読めます。

徳川家康(Tokugawa Ieyasu)

徳川 家康(とくがわ いえやす、旧字体:德川 家康)は、戦国時代から江戸時代初期の日本の武将、戦国大名。江戸幕府初代征夷大将軍。安祥松平家9代当主で徳川家や徳川将軍家、徳川御三家の始祖。旧称は松平 元康(まつだいら もとやす)。豊臣秀吉の死後に引き起こした関ヶ原の戦いに勝利し、豊臣勢力を圧迫しつつ1615年には大坂夏の陣により豊臣氏を滅ぼし、1603年に265年間続く江戸幕府を開いた。三英傑のひとりである。

(出典:Wikipedia)

徳川家康の名言

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。心に望みおこらば困窮したるときを思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。
勝つことばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。及ばざるは過ぎたるより勝れり。

 

道理に於て勝たせたいと思う方に勝たすがよいのである。

 

人間は、最も多くの人間を喜ばせたものが最も大きく栄えるものである。

 

 

 

徳川家康関係者の名言

戦国三英傑

織田信長名言集|座右の銘にも使える豊臣秀吉を見出した戦国時代の英傑の言葉

豊臣秀吉名言集|座右の銘になる戦国時代で1番出世した武将から学ぶ生き方

徳川家

徳川秀忠名言集|徳川家光を子供に持つ江戸幕府第2代征夷大将軍から学ぶ言葉

タイトルとURLをコピーしました