真田幸村名言集|信繁としても知られる大阪夏の陣で徳川家康を追い詰めた「日本一の兵」の言葉

この記事は約2分で読めます。

真田幸村(信繁)(Sanada Yukimura)

真田 信繁(さなだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。真田昌幸の次男。通称は左衛門佐で、輩行名は源二郎(源次郎)。真田 幸村(さなだ ゆきむら)の名で広く知られている。

日本において国民的ヒーローとされており、大坂夏の陣において徳川家康の本陣まで攻め込んだ活躍が江戸幕府や諸大名家の各史料に記録され、「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されるなど戦国最強の武将とされている。後世、そこから軍記物、講談、草双紙(絵本)などが創作され、さらに明治-大正期に立川文庫の講談文庫本が幅広く読まれると、真田十勇士を従えて宿敵である家康に果敢に挑む英雄的武将というイメージで、庶民にも広く知られる存在となった。今でも多くの人に愛され続けている。

(出典:Wikipedia)

真田幸村の名言

信濃一国などで裏切るような者だと思ったか。

 

濃霧のために味方を救えず、みすみす又兵衛(後藤基次)殿らを死なせてしまったことを、自分は恥ずかしく思う。遂に豊臣家の御運も尽きたかもしれない

 

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候

 

 

 

真田幸村関係者の名言

徳川家康名言集|座右の銘にも使える天下を統一した江戸幕府初代征夷大将軍から学ぶ言葉

タイトルとURLをコピーしました