上杉鷹山名言集|ケネディにも尊敬された米沢藩の改革を行った名君の言葉

この記事は約1分で読めます。

上杉鷹山(Uesugi Yozan)

上杉 鷹山(うえすぎ ようざん) / 上杉 治憲(うえすぎ はるのり)は、江戸時代中期の大名。出羽国米沢藩9代藩主。山内上杉家25代当主。

領地返上寸前の米沢藩再生のきっかけを作り、江戸時代屈指の名君として知られている。諱は初め勝興、後に治憲であるが、藩主隠居後の号である鷹山の方が著名である。米沢藩を建て直した際の根本方針の精神となった自助・共助・公助の三助で知られる。

(出典:Wikipedia)

上杉鷹山の名言

なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり

 

欲情が公娼によって鎮められるならば、公娼はいくらあっても足りない。

 

 

上杉鷹山関係者の名言

上杉謙信名言集|川中島で激突した武田信玄のライバル|軍神と恐れられた戦国大名

ジョン・F・ケネディ名言集|43歳の若さでアメリカ合衆国大統領になったJFKの格言

タイトルとURLをコピーしました