ナポレオン名言集|座右の銘になるフランス革命を終結させた英雄

ナポレオン・ボナパルト

ナポレオン・ボナパルト(フランス語: Napoléon Bonaparte、出生名: ナポレオーネ・ディ・ブオナパルテ、Napoleone di Buonaparte、1769年8月15日 – 1821年5月5日)または省略してナポレオンは、革命期のフランスの軍人・皇帝・革命家である[1]。ナポレオン1世(フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 – 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。

フランス革命後の混乱を収拾し、軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランド・アルメ)と名づけた巨大な軍隊を築き上げて、フランスでの王政の復活を企図する王党派とのナポレオン戦争を戦い、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的に対仏大同盟との戦いに敗北し流刑地のイギリス領セントヘレナにて没した。(Wikipedia)

座右の銘にもなるナポレオン・ボナパルトの名言集

優れた能力も機会が与えられなければ価値がないのである。
-ナポレオン・ボナパルト-

この世において成功したければ、他人よりそんなに賢い必要はない。ただ大抵の人より一日早ければ良いのである。
-ナポレオン・ボナパルト-

戦術とは一点に全ての力を集めることである。
-ナポレオン・ボナパルト-

最も大きな危険は勝利の瞬間にあるのである。
-ナポレオン・ボナパルト-

敵が間違いを犯している時は、邪魔する必要はない。
-ナポレオン・ボナパルト-

私は常にニ年先のことを考えて生きている。
-ナポレオン・ボナパルト-

死ぬことは何でもない。しかし、征服されて名誉を失ったまま生き長らえるのは毎日死ぬようなものである。
-ナポレオン・ボナパルト-

愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る。
-ナポレオン・ボナパルト-

女とパリは留守にしてはだめである。
-ナポレオン・ボナパルト-

約束を守る最上の方法は、決して約束しないことである。
-ナポレオン・ボナパルト-

勝利は、もっとも忍耐強い人にもたらされる。
-ナポレオン・ボナパルト-

最悪の策とは、ほとんど常に、もっとも臆病な策である。
-ナポレオン・ボナパルト-

勝利とは必ずしも戦いに勝つことだけではない。倒れた時に必ず立ち上がることが勝利なのである。
-ナポレオン・ボナパルト-

強い人が勝つとは限らない。素晴らしい人が勝つとも限らない。私にはできると考えている人が最終的に勝つのである。
-ナポレオン・ボナパルト-

戦闘の翌日に備えて疲れのない部隊を残しておく将軍はほぼ常に戦に敗れる。
-ナポレオン・ボナパルト-

逆境には必ず、それよりも大きな報酬の種が隠されているものである。
-ナポレオン・ボナパルト-

過ぎたことで心を煩わせるな。
-ナポレオン・ボナパルト-

玉座とはビロードで覆われた長椅子に過ぎないのである。
-ナポレオン・ボナパルト-

欲しいものは何でも私に言うがいい。ただし時間以外でである。
-ナポレオン・ボナパルト-

兵法に複雑な策略などはいらない。最も単純なものが最良なのである。偉大な将軍達が間違いを犯してしまうのは、難しい戦略を立て賢く振る舞おうとしてしまうからである。
-ナポレオン・ボナパルト-

決して落胆しないこと。それが将軍としての第一の素質である。
-ナポレオン・ボナパルト-