蘇我馬子名言集|聖徳太子と政治を行った天皇家に仕えた偉人から学ぶ言葉

この記事は約1分で読めます。

蘇我馬子(Soga no Umako)

蘇我 馬子(そが の うまこ)は、飛鳥時代の政治家、貴族。邸宅に島を浮かべた池があったことから嶋大臣とも呼ばれた。

敏達朝で大臣に就き、 以降、用明天皇、崇峻天皇、推古天皇の4代に仕え、54年にわたり権勢を振るい、蘇我氏の全盛時代を築いた。

(出典:Wikipedia)

蘇我馬子の名言

鈴を付けたらさぞ面白かろう(緊張で体を震わせながら弔辞を読む物部守屋へ)

 

 

蘇我馬子関係者の名言

大和朝廷

聖徳太子名言集(1)実在か伝説か?十七条憲法を定めた歴史教科書の偉人の言葉

聖徳太子名言集(2)実在か伝説か?十七条憲法を定めた歴史教科書の偉人の言葉

蘇我氏

蘇我入鹿名言|蘇我蝦夷を父に持つ大化の改新で討たれた大和朝廷の実力者の名言

タイトルとURLをコピーしました