前田利長名言集|関ケ原で西軍として戦った加賀藩初代藩主から学ぶ言葉

この記事は約2分で読めます。

前田利長(Maeda Toshinaga)

前田 利長(まえだ としなが)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。加賀藩初代藩主。加賀前田家2代。藩祖である前田利家の長男(嫡男)。初名は利勝(としかつ)、天正17年(1589年)頃に利長と改名した。

若年より織田信長・豊臣秀吉旗下の指揮官として転戦した。秀吉の死後は政治的判断をした上で徳川家康に帰順し、江戸幕府成立後に加賀藩の礎を築いた。

(出典:Wikipedia)

前田利長の名言

あなたもご存じのように、私は重病を患っており、邸内を歩くことさえままならないのである。そして、藩主利常は徳川家の婿についているため、いくら私と親子の間柄といえども、私から利常を説得することなど出来ないと思うものである。参陣出来きるのは、今や藩職を退いた隠居たちと病身の我れのみである。大坂に何かの災難があれば、この者たちの人数はいつ何時にても進上したいと思う。

 

私の命はもう長くはない。心配なのは、藩主利常が未だ若年にあることである。私が死んだ後は、政重、そなたが利常の補佐となるようにせよ。徳川は必ず大坂を討つであろうと思う。その時、利常は速やかに軍を率いて徳川方に参陣するのである。私の体は弱り、またわが藩の重臣たちの多くは、もはや老境にあって利常の力となることはないのである。私たちに変わり、利常を助け、先代が残した遺業を守りぬいてほしい。

 

われ死なばすなわち天下自ら統一して太平ならん
現代語訳:私ひとりが死ねさえすれば天下の争いは治まり、自然と統一されて太平の世となるであろう

 

 

 

 

前田利長関係者の名言

前田利家名言集|妻のまつと共に加賀百万石を築いた豊臣政権の五大老から学ぶ言葉

 

タイトルとURLをコピーしました