前田利常名言集|珠姫を妻として持った加賀藩第2代藩主から学ぶ言葉

この記事は約1分で読めます。

前田利常(Maeda Toshitsune)

前田 利常(まえだ としつね)は、江戸時代初期の武将・大名。加賀藩の第2代藩主。加賀前田家3代。

(出典:Wikipedia)

前田利常の名言

これは加州・能州・越中の三国を守り、お前たちを安泰に暮らさせるための鼻毛じゃぞ。

 

大名が黄金惜しさに小便を我慢するものか。

 

口上かたじけない。本日より制札ある所で下馬いたします。

 

筑前(光高)は若気の至りでいらざることをする。もし天下が改まり徳川の権力が衰えたらどこへ遷宮するつもりか。

 

 

前田利常関係者の名言

前田利家名言集|妻のまつと共に加賀百万石を築いた豊臣政権の五大老から学ぶ言葉

タイトルとURLをコピーしました